よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問とその回答を下記にまとめております。 下記にない場合はお問い合わせフォームやメールで直接お問い合わせ下さい。 お電話やFAXでも対応致しております。

カンメタエンジニアリング株式会社
〒584-0022 大阪府富田林市中野町東2丁目3-54
TEL:0721-26-0851  FAX:0721-25-3384
info@kanmeta.co.jp

質問事項一覧

回答一覧

Q1.溶射とはどのような加工ですか?

A1.
材料を加熱によって溶かして、対象物に吹き付けることで皮膜を形成する表面処理技術です。
このページの先頭へ
Q2.熱による素材のひずみは発生しませんか?

A2.
他の表面処理に比べ、素材への熱影響はきわめて小さく、熱による素材の変形はほとんど起こりません。
このページの先頭へ
Q3.どのような溶射材料がありますか?

A3.
金属材料では亜鉛・アルミのほか、ニッケル基合金などの耐食合金、セラミックスではアルミナ、チタニア、ジルコニアなど多種多様な溶射材料があります。
お客様のご要望に応じて材料選定いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
このページの先頭へ
Q4.溶射材料の選定はどのように行うのですか?

A4.
溶射の目的や使用環境にあわせて、弊社の長年の経験に基づき、いくつかの仕様を選定した上でテストピースを作製し、実際の機器内に挿入して、結果が良いものを選びます。機器内でテストを行うことができない場合、する時間がない場合は、弊社の経験から推奨仕様を選定いたします。
このページの先頭へ
Q5.現地出張で溶射施工ができますか?

A5.
弊社は日本国内は北海道から沖縄まで全国各地に出張しています。また、海外での施工実績も数多くあります。
このページの先頭へ
Q6.部品の一部に溶射施工できますか?

A6.
非施工部をマスキングすることにより部分的に施工することができます。
詳しくはお問い合わせください。
このページの先頭へ
Q7.溶射皮膜を部分的に補修することができますか?

A7.
できます。溶射皮膜が損傷した部分だけを除去し、新たにその部分だけ溶射施工します。
このページの先頭へ
Q8.溶射以外の表面処理もお願いできるのですか?

A8.
当社にてプラズマコーティング等も施工可能です。
このページの先頭へ