防食溶射

ホーム > 防食溶射 > 防食溶射(人工環境) > 溶射を行うメリット

溶射を行うメリット

溶射施工には、以下のメリットがあります
  1. 現地施工ができる
  2. 部分的に施工ができる一方、長大な構造物にも施工ができる
  3. 溶射損傷部に対し、局部的修復施工ができる
  4. クラッド・溶接肉盛に比べ、比較的短期間で施工ができる
  5. 塗装に比べ、熱膨張係数が機器の母材に近いので膨れが生じにくい
  6. 塗装に比べ、耐熱温度が高い(1000℃以上にも対応)
  7. ハステロイからニオブ・タンタルに至るまでの高級耐食材料を使用できる
  8. 他のコーティングに比べ、環境遮断能力が高い
  9. 溶射施工の前処理としてブラストを行うので、機器の母材表面に圧縮応力が付与され、割れが起こりにくくなる
  10. 耐食性が高く、長期間の使用に耐えるので4年定修に対応できる
防食溶射
このページの先頭へ