溶射とは

ホーム > 溶射とは > 溶射の特徴

溶射の特徴

こちらでは、溶射の特徴と溶射皮膜の特徴をご紹介します。

溶射の特徴

  • 金属・セラミック・サーメット・樹脂など、多様な材料を使用できます
  • メッキのように槽が必要ないので、大きな構造物に対しても施工できます
  • 現場で施工でき、局部的に施工することができます
  • メッキやCVD・PVDなどの他のコーティングに比べ、成膜速度が速い
  • 塗装に必要な乾燥時間が不要です
  • 塗装に比べ、作業時の気温に左右されにくい
  • 基材への熱影響が少ない(200℃以下に制御できる)
  • 塗装に比べ、耐熱温度が高く、熱膨張係数が母材に近似しています

溶射皮膜の特徴

  • 小さな溶射粒子の積み重ねで構成されているため、多孔質であり、気孔と呼ばれる隙間が存在します。
  • 溶射皮膜と母材の素地面との密着性の強度はほぼ機械的結合によっています。
  • 溶射皮膜の表面は粗面形状となっています。
  • 溶射加工中に溶射材料が加熱溶融されているため酸化物などを巻き込んでいるため元の溶射材料とは、成分・性質が異なります。
このページの先頭へ