溶射とは

ホーム > 溶射とは > 溶射の歴史

溶射の歴史

溶射は今からおよそ百年前、スイスのシュープ博士により開発されました。
その後、1912年頃にはワイヤーを用いた溶射ガンが開発され、現在に近いものとなりました。
この画期的な技術はヨーロッパにおいて自然環境における鉄鋼構造物の防錆目的で普及し、 その後、アメリカでは航空機部品への溶射技術が飛躍的に発展しました。
日本には1919年に江沢謙二郎氏によって初めて溶射法が紹介され、 当初は美術工芸品、建築装飾品などに用いられ、次第に防食溶射目的としても普及しました。
現在では、プラズマ溶射・HVOF溶射・コールドスプレーなどの多くの種類の溶射ガンが開発され、 さまざまな産業分野において、なくてはならない技術となっています。

このページの先頭へ